Page: 2/10  << >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - |
年末調整の季節です
今までは年末調整を契約している税理士さんに頼んでいたのですが、今年は一念発起して自分でやってみようと持ち帰ってきました。

はっきり言って、餅は餅屋で事務方の処理はその道の方にお任せすればよかったです。。。

まず、誰が対象になっているのかわからない。税務署から届いた冊子をみても、用語の意味がわからない。1995年に帰国して初めてDOS/V機をインターネットにつないだときを思い出しました。当時はまだ若かったですし、インターネットという響きだけでもサイバーで未来世界な気がして、わからないことを探すのが楽しくてしょうがなかったもんですが、「年末調整」って・・・いかにも腕に黒いカバーをつけた事務のオッサンのイメージしかないですよね。

とりあえず、以下のサイトにお世話になって、一から勉強してみようと思います。さてさて、一人でできるかな。

■年末調整ガイド
http://www2.ttcn.ne.jp/~mkikuchi/nenmatu.htm

■inotaの税法ソフトの無料配布のページ(平成19年版年末調整)
http://www5e.biglobe.ne.jp/~inota/nenCH19.html
・よくできたフリーソフトです。ちょっと使い方が難しいのと所得税源泉徴収簿が平成16年版なので、平成19年改訂の地震保険欄などが非対応なのがおしいです。
| あさいっち(浅井 崇氏) | 23:15 | comments(0) | trackbacks(0) |
起業と経営の乖離
起業した頃、ベトナムに視察にきた起業家の皆さんとご一緒すると、よく昔話で起業したての頃の資金調達に帆走した経験を聞かされました。

幸いというかショボいというか、私の起業の経緯が必要に駆られて会社を興し、必要に駆られて社員を採用するというプロセスでしたので、ベトナムの低コストの恩恵も得て、自己資金の範疇でしか経営計画を作ってきませんでした。だから、日本のオーナー経営者たちの資金繰りの苦労を他人事のように思っていましたし、自分のビジネスには大きな投資は必要ないとまで考えていました。

ところが、ベトナム法人の社員数が40名近くになり、現実的に毎月の売上の回収だけではランニングが厳しくなってきました。確かに売上も数年前の何倍にもなっていますし、案件規模も大きくなりましたが、それにより毎月のランニングコストが上がり、キャッシュフローが厳しくなるという現実に直面しています。また今後の事業展開に備えて、ある程度の体力はつけておかねばなりません。

そんな背景もあり、またそういう時期なのかもしれませんが、送金に立ち寄った銀行で法人融資の担当者を紹介してもらったり、大手ベンチャーキャピタルから電話がきて話を聞きに伺ったり、冒頭の起業家の先輩方の昔話や本でしか読んだことがなかった経営者っぽい毎日を過ごしています。

これまでも何度も経営の節目を見てきたつもりでしたが、現実にはまだまだ私が通らなければならないステップが控えているのだなあと改めて考えさせられました。会社が成長する過程において、借入をしたり他者からの投資を受けたり、私個人としてもどんどん社会的責任が大きくなることへの不安と、組織として動いていく中で、私一人で解決できることが少なくなることに少し寂しさを覚えました。
| あさいっち(浅井 崇氏) | 23:10 | comments(2) | trackbacks(0) |
スタッフの来日
去る11/17(土)に社内のフオンさんとクエンさんが結婚しました。
二人は、彼らが学生時代から奨学金を出していて、そのきっかけで一緒に卒業研究をすることになりました。インターン後卒業して弊社に入社し、現在では二人ともリーダーとしてがんばってくれていますが、晴れてゴールインまでしてしまいました。

そのお祝いということでもないですが、それぞれが担当しているお客様が同じ会社の違う部署だったので、お客様のご協力を得て日本出張を計画しました。

11/21に来日し、22までお客様先で仕事。週末3連休を日本観光してもらいました。ちょっとしたハネムーンですが、なかなかベトナム人は日本にこれる機会がないので、よいプレゼントになったのではないかと思います。(それにしては短いし、仕事もさせてひどいという批判多数。。。)

ぜひ、これからも夫婦一緒にインディビを発展させてください。
| あさいっち(浅井 崇氏) | 23:57 | comments(0) | trackbacks(0) |
アイセックの学生さんたち来社
アイセックという世界の学生たちで作るインターンシッププログラムの非営利活動の委員の学生さんたちが来社されました。今回の来越の目的は、日本の学生の受入先企業の調査とアイセック・ベトナム設立の支援です。

特定非営利活動法人アイセック・ジャパン
http://www.aiesec.jp/

日本の3大学からとても一生懸命な5名の学生さんたちが着慣れないスーツ姿で来社し、たどたどしい説明をしてくれましたが、単純に「若いっていいなあ」と思ってしまいました。社会人としての経験はこれからいくらでもできるので、まずはやる気があるということが大事なのでしょう。弊社は私の独断で支援ができるので、できる限りの協力をしようと考えています。ただ、あまりにもベトナムに無知で情報に漏れが多かったので、大人気ないと思いながらもいろいろアドバイスしてしまったので、「あのオヤジうぜえ」って報告書に書かないでくださいね。
| あさいっち(浅井 崇氏) | 23:17 | comments(0) | trackbacks(0) |
インディビで案件が焦げるとき
いやー、この2週間、某案件が納期に追われて大変な状況に陥りました。
何とか週末に一応の収拾をみましたが、9/22の第一回目の納品での出戻りが尾を引いて、その後の2週間地獄のような日々が続きました。あらためて見返してみると一般的な案件だったのですが、エンドユーザ様にお見せする日程に圧迫されて、毎日残業が続いてしまいました。

一体何が悪かったのか。来週いくらかの修正に対応して案件が完了した段階でメンバーを集めた反省会を実施するので、それから事の詳細が判明するかと思いますが、まずはテスト体制が十分でなかったことで、仕様の理解不足を社内で洗い出せなかったことが挙げられます。つまり、テスト段階のイニシアティブを取れなかったことで納品までの対応がすべて後手に回ってしまいました。

「後手に回ってしまうと最後まで負のスパイラルから抜け出せない」というのが、私の過去の経験則です。だから、絶対に後手に回ってはいけなかったのです。それにより、結局最後まで不安を抱えたままで進捗することになってしまいました。

ただ、今回の案件は、新人がよくがんばりました。まだ大学を出たばかりのものたちが、自分の責任をまっとうすべく、夜中まで作業をしたり、休日出勤をしたり、ついには朝6:00から作業して8:00の期限に間に合わせるという突貫作業さえもこなしてくれました。

これが2週間私もどっぷり浸かってしまった本案件の一番の収穫だったと思います。そして失敗も含めた経験が、有用なナレッジとして今後の案件を助けてくれることを切に願います。さあ、週が明けたら、今度は私の自分の仕事に専念せねばなりません。がんばろう。
| あさいっち(浅井 崇氏) | 23:05 | comments(0) | trackbacks(0) |
Web系K社来越
8月頭にWeb関係の仕事をいただいたK社のM社長が来越しお会いしました。実は2つの案件をやらせていただいて、どちらもローカルのデザイン会社2社に外注するという形式で進めたのですが、見事に2案件とも納期を越えてしまった苦い失敗をしています。

その経緯があったので、お会いしてすぐに誠心誠意お詫びを申し上げたのですが、この若くてバイタリティに溢れる社長は、「いやー、終わった仕事のことを考えることはしないんですよ」と軽く受け流してくださいました。

そして、まずは外注先2社を訪問して課題についてのディスカッションをしましたが、1社は抜本的な解決策が見出せず今後の展開をあきらめることとし、もう1社は結果は悪くなかったので今後の仕事をよりよくするために再検討に入ることにしました。今度は私の直感ではなく、慎重にワークフローを構築した上で完全にリスクヘッジをして臨むつもりです。
| あさいっち(浅井 崇氏) | 23:05 | comments(0) | trackbacks(0) |
新規案件キックオフミーティング
週が明け、早速新規案件のキックオフミーティングを実施しました。
総勢18名が参加。弊社が得意とするWindows環境のシステムなので、メンバー一同かなり興味と自信を持って参加しています。

しかし、新規取引のお客様であること、これから控えている他社案件がCOBOLやSAPという現在の弊社にとっては特殊な分野であることもあって、得意としている開発環境であればあるほどミスの少ない(ソフト業界では「バグの無い開発案件は無い」と言われています)進捗をしなければなりません。また、私見としても、是が非でも今までの集大成としてスムーズな進捗から正確な結果につなげたいと期待しています。ですので、このキックオフミーティングは私が直接指揮しました。

プロジェクト全体の概要から詳細な作業方法まで、様々な角度と観点から意見が飛び交いました。事前研究が必要な技術などは担当したいものが自主的に手を挙げ、結果報告のセミナーやMTGのスケジュールを計画します。足らない情報がないか、考えが至っていないプロセスはないか、プロジェクトリーダーから新人プログラマ(PG)まで、皆積極的に発言してくれました。

・原則、単体レベルはPG個々人が潰すこと。テストをしてもらってバグを見つけてもらうというスタイルではなく、コーディングをしながら、バグが出ないようにすることに努めること。

・仕様の理解は、仕様説明会だけで十分とは思わないので、コーディングを始めてからでも、仕様でわからないことがあれば聞くこと。特に新人は、自分で判断しないこと。

私からPGに注意したことです。何を当り前なことをというなかれ。徹底することは非常に難しいことなのです。逆に上記2点が徹底されていれば、結合テスト、システムテストはかなり楽になり、バグFIXに係る工数も削減されます。ただし、単に注意を与えるだけでは手探りは変わらないので、適切なスケジュール上にマイルストーンを立てて、ソースレビューや早目のテストを実施することを盛り込みました。当然、コーディングのベースには、本案件用の開発標準とサンプルソースを用意し、また弊社独自のフレームワークも作成します。

これだけの準備をしてもたぶんバグは出るでしょう。しかし、弊社インディビのスケーラビリティを信じつつ、案件の成功を期待して以下の言葉をメンバーに贈ります。

「早期発見、早期解決」「時間的余裕がある間の水際での問題防止」「リスク認識とヘッジ」「チームワークとは、他のメンバーのミスに気付くこと」「自分の力を過信しないこと」「問題ありませんという報告に意味なし。こんな問題がありますという報告を」「どんな些細なことでも情報共有を」
| あさいっち(浅井 崇氏) | 23:48 | comments(4) | trackbacks(0) |
来週からの新規案件受注!
ベトナムに戻ってすぐに引き合いをいただいていた東京のお客様からの新規案件を無事受注することができました。

弊社としては、過去実績と比べても中規模以上のプロジェクトとなります。他にも数社コンペティターがいらっしゃったそうですが、お問い合わせをいただいてすぐにIVSJPとして根岸が見積りや契約を、今村が仕様の確認や実務面を詰めてくれたおかげで無事受注に至りました。インディビの日越間の体制が功を奏して、ベトナム発信の日系企業としてのコンセプトをお客様にご理解いただけたのだと思います。

しかし、受注だけで安心している場合ではありません。確実に正確にこのプロジェクトを完了させなければ、すべての努力が水泡に帰します。週明けからはプロジェクトメンバー10数名全員が一枚岩となって臨まなければなりません。
| あさいっち(浅井 崇氏) | 23:52 | comments(0) | trackbacks(0) |
AI社ご来社と帰国前の指示
先週お会いしたA社のアテンドでAI社がご来社されました。

朝8:30からのお約束。正直、普段私はそんな早くに出社していないので、早起きだけでも一苦労です。いまむを連れて、何とか8:30前に出社しましたが、先週末に全社に告知していたにも関わらず、スタッフの出勤状態がよくない!8:30を微妙に過ぎてくるスタッフ続出で少しムカっとしました。

お客様には、いつもどおりのIVSのコンセプトと優位点をご紹介。他の会社も回っているでしょうから、他社との違いを強調しました。

そして、ベトナム最後のWeekly Meeting。出勤状態のよくないことを皮切りに、私が帰国した後の起こり得る問題点を片っ端から整理していきました。今回は長期帰国になるので、とにかく、VN人スタッフ一人一人が自主的に仕事をすることが重要です。組織として個人を管理するには、もうオーバーヘッドの負担が大きくなりすぎています。

そんなこんなでガミガミやっていたら、あっという間に17:00。まだ帰国の準備を全くしていないので、スタッフとの話もそこそこに帰宅しました。

周りの友人たちがほとんど用事があり、夕食を少人数で食べて、そのままお店で別れて時間ギリギリに空港へ。いつもどおりの帰国となりました。毎回思いますが、もう少し事前に準備をしておいたらせわしなくならずに済むのですが。
| あさいっち(浅井 崇氏) | 23:37 | comments(0) | trackbacks(0) |
いまむ取締役来越
弊社取締役の通称いまむが来越しました。

もちろん、私の帰国にあわせて交代要員としての来越ですが、果たしてちゃんと使命を果たしてくれるかどうか・・・。引継ぎは、わずか一営業日のみです。まあ、土日でゆっくり話しますが、とにかく、後は頼んだ。
| あさいっち(浅井 崇氏) | 23:08 | comments(0) | trackbacks(0) |

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

Entry

Comment

Trackback

Search

Archives

Category

Link

Profile

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode

Sponsored Links

Recommend