Page: 2/6  << >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - |
協同組合の集まり
お世話になっている兵庫県立大の先生にお連れいただき、「協同組合インフォメーションテクノロジー関西(i-TAK)」の定例会に参加させていただきました。

神戸でご活躍のIT企業の社長さんや新聞社の方がいらっしゃいましたが、皆さんかなり距離が近い様子で和気あいあいとされていました。

4月より私も地元神戸での活動を始めていますが、たくさんの方のご協力でいろいろな集まりに参加させていただけるのは、インディビとしてベトナムを紹介させていただけるだけでなく、私自身にとっても大変楽しく勉強になる機会を得ることに繋がっています。
| あさいっち(浅井 崇氏) | 23:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
関西学院大学MBAの方々
シリコンバレーで起業している府川氏から紹介されて意気投合した北島氏が、アメリカから戻って関学MBAに行かれているのですが、ひょんなことから、取引先K社の社長(お年です)がクラスメイトだということがわかりました。

早速、プライベートで会うことになり、梅田駅前のキャンパスにて授業の終わりに待ち合わせをしましたが、北島さんの呼びかけでIT関係のクラスメイトが集まり、ちょっとした業界食事会となりました。皆さん、さすが社会人でMBAを取られているだけあって立派な方ばかり。私もどんどんしゃべりのペースが上がってしまいました。

次回はベトナム料理を食べに行こう、大学院で知り合った方を集めてIBA-IT会を結成しようと盛り上がりました。ずっとお付き合いさせていただきたい方々ですね。皆さんから大学院の良さを啓蒙されて、私も大学院行こうかなあと考えてしまいました。
| あさいっち(浅井 崇氏) | 23:13 | comments(3) | trackbacks(0) |
さぬきうどんの旅 その2 『UDON』編
さぬきうどんの旅、教材は昨年公開された映画『UDON』でした。

とにかく、誰に聞いても讃岐のうどんはうまいと言われます。映画でもその美味しさがいかんなく描かれていました。ならば、食ってやろうと、一泊二日実質半日ほどの旅程で食べまくりました。



「ぶっかけ」「生醤油」「釜あげ」「ひやあつ」「あつあつ」、あまり馴染みのない言葉ですが、すべてうどんの種類です。私は生醤油がうまかったです。

うどん百店満点/讃岐うどんと香川の観光地
http://www.21kagawa.com/udon100/index.html

神戸から四国に行く場合、通常なら明石大橋、鳴門大橋を渡るのですが、高松は四国最北端で実は神戸からならフェリーで行くほうが近いのです。



明石大橋の真下を通過するのはなかなか絶景でした。おじいちゃん、おばあちゃんのお家が海沿いなので、ベランダから手を振ってもらいました。
| あさいっち(浅井 崇氏) | 23:45 | comments(0) | trackbacks(0) |
さぬきうどんの旅 その1 『世界の中心で、愛をさけぶ』編
『さぬきうどんの旅』と称して、さぬきうどんの本場、香川県高松市に家族旅行に行きました。

帰国前に友だちとうどんの話をしていて本場のさぬきうどんが食べたくなったので、すぐに温泉旅館を予約しておいたのですが、いろいろな偶然が重なって、思い出深い旅行となりました。まず、目的地の庵治(あじ)温泉というところが『世界の中心で、愛をさけぶ』のロケ地だったこと、そして7月2日は私と妻の二回目の結婚記念日であるだけでなく、偶然にも年一回の「うどんの日」だったのです。

うどんの旅その1は、『世界の中心で、愛をさけぶ』ロケ地探訪について紹介します。

■防波堤

映画では、主人公たちの思い出の場所として描かれています。

■重じいの写真館

言わずもがな、物語で度々登場する写真館です。現在のものは、公開後のヒットを受けて復元されたものです。

■神社の階段

わかります?主人公サクがバイクで通りかかって、じいさんに釣られるところです。

■夢島

劇中、アキが倒れてしまう無人島です。本当の名前は、「稲毛島」といいます。

特にミーハーなわけではないですが、たまたま着た土地が何回か見た映画の光景だったのでとても感慨深かったです。
| あさいっち(浅井 崇氏) | 23:04 | comments(0) | trackbacks(0) |
ミウミウとの再会
帰国しました。ミウミウがおじいちゃんと一緒に迎えにきてくれました。なんと、ミウミウはカンペキに日本語をマスターしており、「パパ」「おかえり」で出迎えてくれました。

| あさいっち(浅井 崇氏) | 23:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
たくみくんがやってきた
大阪の心斎橋でベトナム料理屋を経営している、友だちのたくみくんがサイゴンにやってきました。

妻子、インディビJPの取締役ねぎ、取締役いまむと同様、私の六畳一間のアパートで共同生活です。お手伝いさんにマットを入れてもらい、また足の踏み場がなくなりました。
彼とは、97年にここサイゴンで知り合い、私が最初にベトナムにくるきっかけとなった越僑のゆきちゃんとなぜか結婚しました。そして、夫婦でベトナム料理屋を開店したのです。そのゆきちゃんも1歳になる娘と一緒にハノイの実家に戻っていて、木曜日にはたくみくんもハノイへ飛びます。その実家は、私が留学時代にホームステイをさせてもらっていたお宅なので、一度ちゃんとお世話になったお礼をしに行きたいと思っていました。なので、もしかしたら、金曜からハノイへちょろっと行くかもしれません。まあ、若い頃と違って時間がないので、オープンバスや汽車ではなく飛行機で行きますけどね。
| あさいっち(浅井 崇氏) | 23:57 | comments(0) | trackbacks(0) |
ミウミウとのビデオチャット
愛しのミウミウとよくビデオチャットします。

ミウミウは、まだ1年7ヶ月しかこの世界では活動していないにも関わらず、もう日本語がペラペラになってしまいました。毎朝起きて、私の写真に向かって「パパ!」といい、HDDレコーダとノートPCにも「パパ!」と呼びかけてくれます。特に夜はノートPCの中の小さいおっさん、じゃなかった、小さいパパに会いたくてしょうがなくなってしまいます。

今日もミウミウが小さいパパに会いたがったそうで、嫁がチャットを入れてきました。「dのこあこのkdぼkds」ミウミウが打ったチャットです。日本人34年目の私でも知らないような言葉を知ってるんですね。子供の成長は早いですが、その成長を見守れてないのが申し訳ないです。



仕事が遅くなってビデオチャットをした頃にはもうおねむの時間だったのですが、自分で帽子をかぶってカワイイカワイイをしてくれたり、「そろそろ寝なさい」というとウンウンとうなずいて「バーイ」と手を振ってくれました。エンジェルが飛び去っていくのを、一人きりのオフィスのPCの小さなウィンドウの奥まで見送っていました。
| あさいっち(浅井 崇氏) | 23:10 | comments(2) | trackbacks(0) |
月末帰国の詔(みことのり)
月末に帰国します。ただ、複数要因からくるジレンマが解消されません。

1. 早期帰国したほうがいい理由
1.1. 6月末の日本法人の源泉徴収やらなんやらの事務処理
1.2. 嫁からの招へい命令(ミウミウがついに自宅PCとHDDレコーダを「パパ」と呼ぶ)
1.3. 日本での営業の強化

2. 早期帰国しないほうがいい理由
2.1. 6月末納期の厳しい案件があり、現場に張り付いておかねばならない
2.2. 6月、7月のベトナムへの来客の応対

消去法で考えた場合、2.は代わりの人間がいれば済むことなのですが、残念ながらまだ体制が100%完成しているわけではないのです。少し目を離せば、小さな歯車の喰い違いから思わぬトラブルが発生してしまいます。まあ、社内の人間全員が大丈夫と言っても、私が安心することは一生ないとは思うので、どこかで自分を押さえ込んで、社員たちに任せていかなければならないのも現実です。嫌な役回りですね。

そんなことを考えながら、もう週が明けます。要因を頭にほり込んで、寝ている間に答えを出すことにします。
| あさいっち(浅井 崇氏) | 23:25 | comments(8) | trackbacks(0) |
土日は休むべきかどうかの考証
土日をしっかり休むようになって、もう数ヶ月経ちました。

当初は、土曜も休むことが健全な社会人として必要だという脅迫感もあった気がします。ただ最近は、やはり土日を休むのはもったいないなあという実感があります。友人たちとお互いフリーの時間を何の屈託もなく費やすことに慣れてしまったのでしょうか?帰国したら娘と一緒に過ごせるわけですが、そのときも同じようにもったいないと感じてしまうのでしょうか。

我々の業界は、基本的に1時間区切りで動きます。以前にも書いたかもしれませんが、「人月(にんげつ、Human Month=HM)」という基本単位があり、1人月=20人日、1人日=8人時で計算します。社内の各プロジェクトのスケジュールはすべてこの人月で引かれており、さらに詳細にブレークダウンされて人時で管理されています。つまり、会社は社員に対して1日に8人時の仕事を振り分けて、例えば「1人時スケジュールに遅延が出ているので、1時間補填しなさい」という指示ができるわけです。

そして、人月単価こそ会社のお金そのものなのです。システム開発の世界では、この人月に対しての対価を単価として規定して、工数を見積って算出された人月*単価=売上になります。

私は、自身の時間管理を人月で考えます。なので、土曜日に仕事したとしたら、8人時=1人日=0.5人月のお金を得したことになるのです。しかもこれは純然たるプラスの利益です。ましてや、それ以上に仕事をすれば、日曜日に、夜中に、と考えると以前のように寝るのがもったいなくてもったいなくて死にそうになります。まあ、健康を害して死にそうになるのかもしれませんが。

というわけで、今後は無理に土日を休むのではなく、また以前のようなワーカホリックにならないように、そこそこに空いた時間を仕事に回して、少し得をした満足感を得ようかなと思っています。
| あさいっち(浅井 崇氏) | 12:27 | comments(2) | trackbacks(0) |
およのがサイゴンにやってきた
友だちの通称およのが、今度結婚されるお相手と一緒にサイゴンにやってきました。

今回で4度目くらいでしょうか。最初は友だちの友だちとして、2回目以降は仕事関係で。その後、琥珀夜にも紹介しました。でも、直接会うのは、よの曰く3年ぶりだったそうです。

その間、彼は国際結婚したり別れたり、そして今のパートナーと知り合って。私も結婚したり、ミウミウが生まれたり、会社がえらいことになったり、順調になったり。

最近、穏やかな日々が続いているせいか、ご無沙汰している友だちに会いたいです。
| あさいっち(浅井 崇氏) | 20:21 | comments(0) | trackbacks(0) |

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

Entry

Comment

Trackback

Search

Archives

Category

Link

Profile

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode

Sponsored Links

Recommend